猫の病気
〜症状と予防法〜


猫の病気 > 猫の糖尿病 >

原因と症状

猫の糖尿病を引き起こす主な原因は、食べ過ぎ、またはカロリーの摂りすぎです。雄と雌では、肥満体質の雄により多くみられ、雄猫を飼っている場合はより良いケアが必要です。



猫が糖尿病にかかると、トイレ(尿)の回数が増えます。これは、血液中の糖を尿により排出しようとするためです。尿の回数が増えると自然と水を沢山飲むようになるため、多飲多尿になります。

また、糖尿病にかかると、尿により糖を排出してしまう為、急激に痩せます。食事制限をしていないにも関わらず、太っていた猫が急に痩せた時は注意が必要です。


−猫の糖尿病−

原因と症状

予防と治療法





PCサイト


© 猫の病気. All Rights Reserved
−presents by 猫の飼い方