猫の病気
〜症状と予防法〜


猫の病気 > 猫の白血病 >

予防と治療法

白血病は、一旦感染すると生存率が極めて低い危険な病気です。それゆえに予防する術を知っておくことが重要になります。



白血病は唾液より感染しますので、完全室内飼いをしていれば感染する可能性はなくなります。もしくは、免疫の低い子猫の間だけでも外に出さないようにすれば、感染率はかなり低くなります。それが難しい場合は動物病院でワクチンによる予防接種を受けましょう。また、生まれて間もない子猫と、出産前の母猫は白血病の検査をしておく事をオススメします。

白血病に感染してしまうと、動物病院で適切な治療を受けなくてはいけません。早い段階で免疫力を高める措置をすれば、生存する可能性は高まります。子猫が成猫に近づくにともなって白血病も自然治癒に向かいます。


−猫の白血病−

原因と症状

予防と治療法





PCサイト


© 猫の病気. All Rights Reserved
−presents by 猫の飼い方